交通事故治療の流れ

警察に届け出ましょう。

警察に届け出て、保険会社に保険金を請求する際に必要となる「交通事故証明書」を発行してもらいましょう。

※後になって痛みが出てきたり、むち打ち症になっていたことが分かったとしても、「交通事故証明書」がなければ、事故に対する損害賠償の請求は原則できません。どのような場合でも、必ず警察に届け出ましょう。

病院もしくは接骨院で受診しましょう。

病院もしくは接骨院で受診して、警察に提出する「診断書」を発行してもらいましょう。

精密検査が必要な場合は当院からご紹介することも出来ますので お気軽にご相談ください

※「診断書」はさくら接骨院でも発行することができます。事前にお問い合わせください。

保険会社に連絡しましょう。

こちらから保険会社に連絡することもできます。 保険会社に「さくら接骨院」で交通事故治療の施術を受ける旨を連絡しましょう。 保険会社とのやりとりはサポートさせていただきますので、ご安心ください。

※一部の損保会社は、一部保障ができないだとか、協定を結ばれていないとか、診断書がないだとか言ってきますが、心配ないです。最後まで責任をもってやらせていただきます。

① 受付・予診表の記入

まず、お電話および直接ご来院していただき、受付で交通事故治療を受けたい旨を伝えてください。 次に交通事故専用の予診表に記入して頂きます。

当院にて、保険会社(担当者)へ手続きを行います。

② 問診

・予診表を参考にしながら問診していきます。 ・事故前と事故後の症状・状態など詳しく確認します。 あなた様の訴えがとても重要になります。

例えば過去に、むち打ちや大きい 怪我などされたことある。また慢性の肩こりがあるなど気になることがあれば お伝えしてください。 ここで治療方針が半分以上決まります。 (私が長年勤めていた整形外科の顧問の院長先生に依頼する場合もあります。)

③ 検査・触診

コー検査や特殊電気での可動域検査、 時には筋力検査します。 症状や状態にもよりますが、初診の場合はあえて検査しないこともあります。

どの程度、首を動かせられるのかROM(可動域検査)・ BT検査・胸郭出口症候群テスト・圧迫テスト・ 特殊電気テスト・超音波診断装置による写真など。 今後の治療方針として丁寧に説明させていただきます。

④ 治療

・今の症状や状態にあったプログラムを患者様と一緒に決めます。 ・当院独自の治療 EPM療法を中心に行っています。 ・温・冷交替療法 ・時にはマッサージ・キネシオテープなどもします。 ・日によっては調子の良い日と悪い日があるので、その日の症状にあった治療をしていきます。

⑤ 日常生活でのアドバイス

最後に日常生活での注意点や自分で出来るエクササイズの指導を行います。 ・状態によっては首を固定するためのカラーを巻いたりします。